• ホーム
  • バイアグラは泌尿器科で処方してもらうのが一番

バイアグラは泌尿器科で処方してもらうのが一番

男性の悩みとして挙げられるのがEDですが、そのEDを改善する薬として思い浮かべるものの1つがバイアグラ。
しかしこの悩みは他人に相談するのが恥ずかしいかたも多いでしょう。
恥ずかしいからネット通販や個人輸入で…と思っていませんか?実はこのバイアグラ、非常に巧妙な偽物が多く出回っているという事実を知ってほしいのです。

まずバイアグラは処方箋が必要な薬であること。
そのため、医療機関で医師による診察を受けなければならないのです。
EDの場合は泌尿器科が一般的でしょう。
日本で承認されているバイアグラは25mgと50mg。
海外では100mgもありますが、この中で海外承認のものは偽薬であることが多いです。
薬だけでなくシートもボトルも巧妙に作られており、一見すると偽物とは思えないほどです。

偽物が多いということは健康被害が起こる危険性もあります。
更に偽バイアグラは国内への持ち込みが法律で禁止されていますので、ED改善のために内緒で購入したもので処罰の対象になるという最悪の事態も想定されます。

EDというと恥ずかしいことかもしれません。
しかし偽物が個人輸入サイトを中心に多く出回っているのもまた事実なのでです。
バイアグラは保険外治療のため診察も含めて全額自費になってしまいますが、偽物による被害から身を守るためには多少費用がかかっても泌尿器科など医療機関で処方されたものを服用するのが最も安全な方法なのです。

なお、バイアグラには併用禁忌薬が存在します。
特にニトログリセリンなど硝酸薬を服用されている方は併用ができません(シート裏面にもその旨が記載されています)。
服用される前には、まず医師や薬剤師に相談。
その際にはおくすり手帳も必ず持参しましょう。

関連記事